スポンサーリンク

ここ数年の日本の物価①

過去に日本を旅行した人はみんな日本の物価がとても高いことを知っている、では国内の給料レベルなら日本のスーパーでどれだけの物が買えるのか見てみよう。

2キロの米、価格は1000円、今のレートなら、人民元71.7元に相当する。

このみかんは一箱で48.7元だ。

  1. 無名の中国人( `ハ´)

    このみかんは普通だな、国内とほとんど同じランクだ、ちょっと極端になっても10元だ、日本のみかんはダメだな。
     

  2. 無名の中国人( `ハ´)

    日本の果物や野菜はどんどん高くなっている。
     

  3. 無名の中国人( `ハ´)

    普通の果物屋さんでは200円で1袋のみかんがある、1袋で少なくとも10から15個はある。
     

  4. 無名の中国人( `ハ´)

    なにをそんなに誇張するんだ。私の家も東京にある。200円で17個のみかんが買える。
     

  5. 無名の中国人( `ハ´)

    給料も違うのに。
     

14元では日本で買えるのは桃1個だけだ、中国では、特に中国の北方では1盛りの桃が買える!

  1. 無名の中国人( `ハ´)

    日本の桃はとてもいいものだと思っていたが、この桃は・・・
     

  2. 無名の中国人( `ハ´)

    日本の桃は確かに高い、だが14元で瀋陽の画像のこの桃は1盛りも買えない、多くても5,6個だ。
     

  3. 無名の中国人( `ハ´)

    この桃は包装されるとりんごのようだな。
     

すいか一つで56元だ!

  1. 無名の中国人( `ハ´)

    うちの近くのスイカは500グラムで5角(500グラム10円)だ。
     

  2. 無名の中国人( `ハ´)

    このスイカとうちのスイカの価格はあまり変わらないな。
     

  3. 無名の中国人( `ハ´)

    これはまさか日本の貧民の日常の果物か?
     

  4. 無名の中国人( `ハ´)

    これはまだいい方だろう・・・中国よりちょっと高いだけだ・・・
     

  5. 無名の中国人( `ハ´)

    このスイカは安い!前回スーパーで見た同じような大きさのスイカは2000円以上だったぞ。
     

2つの空芯菜(250グラムに満たない)で、7元だ。

  1. 無名の中国人( `ハ´)

    100円は日本人にとって我々の1元に相当する。
     

  2. 無名の中国人( `ハ´)

    これは送られてもいらないな。
     

トマト314円—人民元で20元ほど、食べれば記憶力が強化され、一生忘れなくなる。

  1. 無名の中国人( `ハ´)

    奇形のトマトだ、日本のトマトはとても標準的なものだと思っていたが。
     

ごはんとおかずが一緒になったもの―――35元。

  1. 無名の中国人( `ハ´)

    上海の比較的良いレストランもこの価格と変わらないぞ!当然満足するのだろう!
     

  2. 無名の中国人( `ハ´)

    伝説の松屋、吉野家と同じランクの貧乏人の店か?
     

コーヒーはとても高かったような気がする、大体1000円、70元ほどだ。

  1. 無名の中国人( `ハ´)

    中国よりも高い。いわゆる偉大な時代、誰も小人を相手にしない時代だ。
     

  2. 無名の中国人( `ハ´)

    こんなに高いのか?大きいカップで600円ぐらいだと思っていたが。
     

  3. 無名の中国人( `ハ´)

    どこにあるんだ、私が見たいちばん安いものは280円だ。日本の輸入のものもとても安い。

元記事 http://tieba.baidu.com/p/3381176835

『ここ数年の日本の物価①』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/08/26(日) 09:36:18 ID:08225ac30 返信

    日本の物価が高いと主張しながら何故多くの中国人は日本に寄生しているのだろうか。不満なら母国で生活すれば良い話だ。個人的には食の安全基準や品質管理が杜撰な自称大国の食品は例え無料でも敬遠する。